ブログで応援!日本人アスリート

メジャーリーガーを中心に、日本人のアスリートを応援するブログです。時々、外国人選手も取り上げます。

錦織圭、2回戦をストレート勝ち

ゲリー・ウェバー・オープン(The Gerry Weber Open)で、錦織圭は、2回戦で地元のダスティン・ブラウン(Dustin Brown)を破り、ベスト8へ進出した。

ダスティン・ブラウンは、ランク114位とはいえ、地元ドイツの選手だし、昨年はラファエル・ナダルを破るという快挙も達成している。

ブラウンは、確か父親がジャマイカ人で、母親がドイツ人のハーフだったと記憶している。長いドレッドヘアが特徴的な選手だ。

続きを読む

イチロー対マー君、初の対戦は…。

2015年6月15日(現地)に、マーリンズのイチローとヤンキースの田中将大の初対決が実現した。

結果は、イチローの4打数2安打1三振で、数字からすればイチローに軍配が上がったと見える。実際、田中自身「完敗としか言いようがない」とコメントしている。

しかし、私としては、どちらかというと田中の方がイチローをよく抑えた、という印象だ。

その理由は以下の通り。
続きを読む

名優?イチローが見せた隠れたファインプレー

2015年5月10日、マーリンズ対ジャイアンツ戦で、イチローが守備で魅せた。

マーリンズが2-1の1点リードで迎えた9回表、1アウトでランナーを一塁に置いた場面で、ジャイアンツのG.ブランコ(Gregor Blanco)が放った大きな打球はイチローが守るライトへ。

イチローは、数歩後ろへ下がった後、打球を待ち構える仕草をした。一塁走者のJ.アリアス(Joaquin Arias)は、フライがキャッチされるかどうかを見定めるため、一二塁間でストップして打球の行方を追った。

すると、イチローは後ろを振り向き、自分を大きく超えてフェンスにぶつかった球を処理しに向かう。それを見たアリアスは、あわてて走塁を再開した。しかし、一二塁間でストップしていたため、ホームに帰ることは叶わなかった。

動画がコレ↓

続きを読む

イチロー、予期せぬスタメンでも2安打で活躍

マーリンズのイチローは、21日フィラデルフィアで行われた対フィリーズ戦で、今季5度目となるスタメンでの出場。4打数2安打1得点で、一時は同点となる得点を挙げるなどチームに貢献した。なお、チームは、中継ぎが打たれ、3-7で敗北した。

この試合で、イチローは今季初の複数安打を記録し、打率を.259まで上げた。スタメンでの出場が少ないから仕方がないが、これまで複数安打が出ていなかったことに驚いた。

チームは泥沼の5連敗。監督更迭の声が出てきている状態でも、チームは勝利することができなかった。特に、投手陣のふがいなさが目立つ。チームが得点した後、すぐに相手チームに得点を許すシーンを何回みたことだろうか。

さて、今日のイチローの打撃で顕著だったのは、以下の点。
続きを読む

良くも悪くも、主役はAロッド

戦時中、生き抜くために娼婦とならざるを得なかった美しい女性、その女性にかねてから嫉妬心を抱いていた周りの女性達が、日頃の不満や鬱憤を晴らすためにその美しい女性にリンチを加え、衣服を切り裂き、髪を刈る-。

ジュゼッペ・トルナトーレ監督のイタリア映画「マレーナ(Malena)」の一場面だ。私はこのシーンを思い出した。

2013年8月18日(現地)のヤンキース対レッドソックス戦、良くも悪くも、アレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)が主役で、最も観客の関心を集めた試合だった。

だが、私にとっては、見ていてあまり心地の良い試合ではなかった。

2回オモテ、先頭打者のA.ロドリゲスは、レッドソックス先発のライアン・デンプスター(Ryan Dempster)から死球を受けた。ストレートのファーボールとなる4球目が左腕に直撃したのだ。そもそも、1球目はロドリゲスの後ろを通過した球、その後の2球はいずれも体スレスレの内角球。そして最後の4球目がロドリゲスを直撃。故意のデッドボールであるのは明白だった。

この出来事で私が気分を害したのは、以下の3点。
続きを読む
広告
最新コメント
参加中のランキング
クリックしていただけると嬉しいです。


メジャーリーグ ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村



ブログランキング
カテゴリー
プロフィール

管理人の名前:こうたろう

メジャーリーグは、2001年のイチローのメジャー挑戦以来、観ています。


  • ライブドアブログ